千葉のデリヘルは知って得する裏事情があるんです。

千葉デリヘルの裏事情

デリヘルの裏事情

デリヘルで働く女性をどうやって集めているのか

投稿日:

デリヘルで働く女性をどうやって集めているかといえば、いくつかの方法がありますし、それぞれにメリットやデメリットもあるものです。

費用対効果という考えもあれば、看板娘みたいな広告塔として探したいなど、風俗店の運営方針や資金力とコネみたいな部分も大きく違ってくるんですけどね。

デリヘルで働く女性をどうやって集めているのか

スカウトとの契約

繁華街の駅前などには女性に声をかけるスカウトマンがいて、キャバクラや風俗への勧誘をしているのを見かけたことがあると思います。

この場合は求人広告と違って『待ち』の姿勢ではなく、声をかける事による『攻め』の姿勢となるので、女性を集めるには結果が出しやすく人数を揃えやすいというメリットもあるし、その女性が出勤するに当たり通勤圏内であるので頻繫な出勤も望めるという事になります。

但しスカウトを利用する事でいくつかのデメリットだってあるのです、スカウトで働く男性は気軽なアルバイトをしている若い男性が多いだけに、気に入った女性は個人的な関係を前提に下心を出す事も多く、身体を求められたり、ホスト気取りで風俗嬢が稼いだ金額をしれば奢ってほしいと金銭的な目的を考えたりと、本来の仕事以外のトラブルも十分よくある話です。

仕事面でいうならば、スカウトを利用すれば、紹介された女性が働く限り継続的に紹介料を支払う事になるので、風俗店の収益は当然少なくなってくるので、スカウトから紹介された女性へ仕事を回せば薄利だけど、広告募集などで女性が自主的に面接して入店した場合の女の子へ仕事を回せば、本来の収益になるという差があるだけに、仕事の割り振りというのは難しくなっていくものですね。

さらに、最低保障などの契約をした女性であれば、一定額以下の稼ぎだと赤字になる恐れもある事から、他の女性よりも優先的に仕事を回す事もあるでしょうし、他の女性が嫌がるNG客にもその女性を案内して成約本数を伸ばすという事もするので、他のデリヘルがスカウトとはどんな内容で契約をしているのか、どんな契約方法があるのかなどをしっかりと把握したオーナーが対応しないと、風俗店の収益は伸びないという結果にもなるのです。

風俗の求人広告

デリヘルをはじめとした風俗の高収入アルバイトなどに特化した媒体だったり、各種紙媒体などに求人広告を掲載するという方法を、広告代理店は強く勧めてきます。

当然の事ながら一般の求人募集には掲載できないだけに、掲載料金はかなり高額となっていくのですが、思うとおりに求人の問合せがこないというのが多いのです。

都内で知名度の高い地域として渋谷とか新宿などは、広告を出せば驚くほどの問合せが多数あるのですが、ちょっと地方になったら掲載を半年間継続しても1人も入店とはならなかったというのが風俗関連で働く人ならば誰もが知っている常識なんです。

そして、メールなどの問合せは広告代理店や運営が、全く問合せがなければ広告を切られてしまうと判っているので、関係者が女性を装って問合せメールを送っているというのが現実だったりするんですよね。

一般的な男性向けの広告媒体であっても、閲覧者がどれくらいあったなどの統計も見る事ができるのですが、実際は版元と言われる媒体の運営会社がアルバイトを雇って掲載されている女性の写メ日記やページをネットで徘徊しているので、現実的な男性客はかなり少ないという訳ですね。

デリヘル店の求人募集ページ

デリヘルはオフィシャルサイトとして公式ホームページがあり、そこには女性向けのアルバイト募集ページが必ずあります。(韓国系などのデリヘルでは募集ページなどが無い場合があります)

女性が自主的にアルバイトとして応募連絡をするのは、オフィシャルサイトの求人ページが一番確実といえるのです。

但し、デリヘルのサイトは広告代理店に製作を丸投げしているケースが大半なので、少ない要望であっても大きな矛盾となる場合もよくあるのです。

男性客が見る営業ページには『厳選された美女だけを入店させています』と誇大広告として言っているのに、女性向けの求人ページでは『採用率100%、他店で断られた女の子でも安心してお問い合せ下さい』という様に、一つのサイトで真逆の内容が掲載されたなんて事も、新規オープンのデリヘルサイトには良くある話なんですね。

やる気があればいろんな方法がある

援助交際サイトを利用して出会った女性にデリヘルを勧めるとか、リスク覚悟で他店で働いている女性をリアルやネットで勧誘するとか、知人に誰かデリヘルで働く女性はいないかと声を掛け捲るとか、ピンキリで本当にいろんな方法をとっている風俗店があります。

既に働いている女性から紹介された場合とかは問題ないのですが、風俗店のスタッフが自分でなんとかしようと思うと一番初めにやるのが、やはりテレクラとか援助交際目的の出会い系などで女性を探すのですが、結構お金や手間隙ばかりがかかっても、それなりに納得できる女性は見つからないのが現実です。

出会い系で知り合える女性は、人妻など多少の年齢に幅があるならば、出逢う女性は人妻専門店では不採用になるほどの化け物ばかりが割り切りでと言ってきます。

年齢やウエストなんて、電話で聞いた内容とは程遠いデブや化け物ばかりw

若い女性を狙えば、お客様には出せないなと思う性格的問題を抱えた女性か、可愛いと思ってでも実は18歳に満たないアンダーと呼ばれる女の子だったりと、なかなか思いとおりに効果を出せる方法というのは難しいというのが現実的な問題となるので、どこのデリヘル運営者も新人が入店したら売上が上がるとわかっていても、その女性を集めるのには苦労が耐えないという事ですね。

-デリヘルの裏事情

Copyright© 千葉デリヘルの裏事情 , 2017 AllRights Reserved.